2006年10月13日

アメリカンコッカースパニエルって

アメリカン・コッカー・スパニエルナナ飼主雑記1

ディズニーの映画「わんわん物語」のヒロインとして有名になり、我が国でも一時的にブームとなったが、被毛の管理や運動量の問題があってか以降の人気は低迷ぎみである。
スパニエル種はスペインの地犬を始祖としており(スペイン産の犬種をすべてスパニエルと呼んだ時期もあった)イギリスで鳥猟犬に用いられた歴史は古い。
この後、スパニエルはそれぞれの猟性能により、別々の犬種に固定されて行く。
コッカースパニエルはスパニエル犬種の中では小型で、特にコッカー(ウッドコック・山鴫)の猟を得意としていた。
イギリスのスパニエルは1620年メイフラワー号によってアメリカに渡り、さらに小型に改良され、攻撃性の低いスパニエルの特性によって、実猟犬としてよりもむしろ愛玩犬として人気を博す事となった。
アメリカン・コッカースパニエルがウエストミンスター展で連続BISに選ばれた10年後の1950年には全米登録数で第1位となっている。
ヨーロッパからアメリカに渡った個体のタイプに特徴があった事、さらに他のスパニエルの血液が入った事により、現在のアメリカン・コッカースパニエルは イングリッシュ・コッカースパニエルと多くの点で異なっている。
アメリカン・コッカースパニエルはイングリッシュ・コッカースパニエルに比べ、口吻が短く、頭蓋はドーム状で彫が深い。
背は短く直状で、後肢の角度が深い。
被毛はイングリッシュ・コッカースパニエルよりも長く毛量が多い。
背線に上下動のないアメリカン・コッカースパニエル独特の快活な歩様と尾振りが魅力的な犬種である。(ワールドドッグ図鑑アメリカンコッカースパニエルより引用)
blogramランキング参加中!
ポチッとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ナナ飼主 at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飼主雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このページの先頭へ

2006年10月15日

シッポの話 断尾って

アメリカン・コッカー・スパニエルナナ飼主雑記2

断尾とは尾を切断し長さを調整する事で、通常生後4〜5日の間に行う。
断尾の目的
1、牧羊犬が外敵との戦いの際に傷つく事を予防した。
2、 闘犬に於いて受ける傷を最小限に抑えるために行なった。
3、 狩猟の最中に尾が草木に接触して音を発する事を防止した。     
などの理由により始まったとされるが、昨今では外形の美観を主な目的として行われているのが実情で、動物愛護の観点からは推奨すべき事ではない。

そもそも犬の尾は無用の飾り物ではなく、
1、 体のバランスをとり、運動時や水泳時の舵の役目を果たす。
2、 冬季、体を丸くして眠り、尾が鼻先を被って呼吸器などを保護する。
3、 犬体の中で最も表情豊かな部分で、感情表現の道具である。 
と言うように尾は犬にとって欠く事のできない大切な器官なのである。

世界的な傾向として断耳、断尾をしない習慣が広まると予測される。
(犬の学校 犬の専門用語辞典 断尾より引用)

blogramランキング参加中!
ポチッとお願いします
blogram投票ボタン
タグ:シッポ 断尾
posted by ナナ飼主 at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飼主雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このページの先頭へ

2006年10月18日

フィラリアって

アメリカン・コッカー・スパニエルナナ飼主雑記3

「フィラリア」は寄生虫の名前です。
  犬が蚊に刺されて感染する心臓の寄生虫です。人間も蚊に刺されると感染するのですが、血液成分の一つで兵隊さんの役目をしている白血球がやっつけてくれるのでフィラリアは人間の体の中で成長することはできません。
  しかし、犬の白血球さんはなぜかフィラリアとお友達なので、やっつけてくれないのです。

 蚊から犬の体に引っ越してきたフィラリアの幼虫(ミクロフィラリアといいます)は犬の体の中を成長しながら自由に移動して、大人になる頃心臓にたどり着き、そこを我家に決めて子供を産み始めます。

 この子供が一度蚊に吸われることで感染子虫であるミクロフィラリアに成長するのです。大人になったフィラリアはそうめんほどの太さで長さは15〜20cmほどもありますから、心臓がフィラリアのお家になってしまうと血液の通り道がなくなってしまいます。

 そして様々な症状から死に至るのです。予防しなければ感染してしまう恐ろしい病気です。(犬猫ペットの病気 フィラリアって何?-gooペットより引用)


blogramランキング参加中!
ポチッとお願いします
blogram投票ボタン
タグ:犬の病気
posted by ナナ飼主 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飼主雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このページの先頭へ

2006年10月21日

ワクチンって

アメリカン・コッカー・スパニエルナナ飼主雑記4

犬の予防接種は定期的に
人間はいろいろな伝染病にかからないように、予防接種を受けますが、同様に犬にも予防接種があります。ただ人間の場合、予防接種を初回に受ければ、ほとんど終生その病気に対する免疫ができますが、犬は定期的に予防接種を受けなければ、効果がなくなることが知られています。

病気の種類によっても違いますが、予防接種の効果が持続する期間はだいたい1年間とされます。したがって、愛犬を恐い伝染病から守るには、年に1度、少なくとも2〜3年に1度は、定期的に予防接種を受ける必要があります。

混合ワクチンによって予防
現在、伝染病の予防は、狂犬病を除いて、混合ワクチンを接種することによって行うことが多いようです。混合ワクチンの種類にはいろいろあり、2種混合ワクチン(犬ジステンパー、犬伝染性肝炎)から3種、5種、7種まであります。

犬ジステンパー
古くから知られている伝染病ですが、現在でもほぼ2〜3年ごとに周期的に発生し、最近では1、2年前に関東方面で大流行しました。 以前ほど発生件数は多くありませんが、まだまだ存在する代表的なウイルスの病気で、仔犬に多く発症し、感染率、死亡率がともに高いのが特徴です。

犬伝染性肝炎
特に幼齢期に発症し、突然死の原因となる恐い病気です。症状としては、発熱、腹痛、下痢、嘔吐、扁桃腺の腫れ、眼球の白濁などが起こります。

犬パルボウイルス感染症
ジステンパーと並んで、伝染力の強いこわい病気です。激しい嘔吐と下痢を起こし、症状が急激に進行して死亡するケースが多いので、以前は「犬のコロリ病」と言われていたこともあります。

犬伝染性咽頭気管支炎
この病気単独では、それほど死亡率は高くありません。通常は、他のウイルスとの合併症を起こすことによって症状が重くなり、死亡率も高くなる呼吸器系の伝染病です。

犬パラインフルエンザ感染症
これも単独ではあまり死亡することはありませんが、他の病原体との混合感染によって、症状が重くなる病気です。「ケンネルコフ」と呼ばれるのはこの病気を指し、特に仔犬に起こる代表的な呼吸器系の病気です。

レプトスピラ病
この伝染病には2つのタイプがあります。1つは出血黄疸型で、黄疸、嘔吐、発熱、歯茎からの出血などの症状が現れます。もう1つはカニコーラ型で、下痢、嘔吐、発熱、脱水症状などが起こります。

現在では、九州地方に比較的多く見られるようですが、関東以北ではあまり発症例はないようです。しかし、いつ発症するか分からない病気ですから、やはりワクチンを接種し、予防しておくことが大切です。

狂犬病
発症すると必ず死亡する恐ろしい伝染病で、人間にも伝染する代表的な人畜共通伝染病です。わが国では1957年以降、狂犬病の発症例は報告されていませんが、海外では依然として発生が続いています。

ご存じのように狂犬病には予防ワクチンがあり、わが国では3カ月齢以上の犬は、年に一回予防注射を打つことが法律で義務づけられています。

ワクチン接種の時期
予防ワクチンの接種は、生後6〜8週間ごろに1回目を行います。その3〜4週間後に2回目を接種します。その後は、年1回、少なくとも2〜3年に1回は、定期的に接種します。


接種は身体検査を行ってから
接種の前に、体重や体温の測定など、基本的な身体検査を行う病院がよい動物病院です。また、糞便検査をして、寄生虫の有無を調べることが大切です。寄生虫がいると、予防ワクチンが寄生虫に取られてしまい、十分に効果が発揮されないことがあります。

接種後に気をつけること
ワクチンを接種してから免疫効果が発揮されるまでには、1〜2週間かかります。したがって、接種後1〜2週間は、知らない犬(予防ワクチンを接種していない犬)と接触することを避けるなどの注意が必要です。そして、十分な栄養を与え、ストレスの少ない環境で生活できるようにしましょう。

また、接種した当日はお風呂に入れるのを控えてください。2〜3日後には、お風呂に入れても大丈夫です。人間でも動物でも、病気は治療よりも予防が大切です。予防できる病気はワクチンを接種し、愛犬の健康を守ってあげましょう。(犬の飼い方と病気:予防接種についてより引用)
blogramランキング参加中!
ポチッとお願いします
blogram投票ボタン
タグ:予防接種
posted by ナナ飼主 at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飼主雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このページの先頭へ

2006年10月23日

サイズの測り方って

アメリカン・コッカー・スパニエルナナ飼主雑記5

犬のサイズの測り方
(1)体高 キ甲部の最高点より地上までの垂直距離
(2)体長 肩端または胸骨端より坐骨端までの直線距離
(3)胸深 キ甲部の最高点より胸の底までの垂直距離
(4)胸囲 胸深の周囲の距離
(5)肢長 体高から胸深を引いたもの(肘から下まで)
(6)背線長 キ甲部から尾根部までの距離
(東京スクール・オブ・ビジネス 犬のサイズの測り方より引用)

キ甲
ウィザース(Withers)。肩甲骨上部と第1、第2胸椎が接合する部分の事。
犬の体高をこの位置から測定するため重要な部位である。(犬の学校 犬の専門用語辞典 キ甲より引用)
blogramランキング参加中!
ポチッとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ナナ飼主 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 飼主雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このページの先頭へ

2006年11月01日

サイズの測り方 体高・体長って

アメリカン・コッカー・スパニエルナナ飼主雑記6

最近 NANA'S WORLDを、検索エンジン等から体高・体長・サイズの測り方で観て下さる方が増えていますので、図解にしてみました。

実は私も測り方を間違ってました。
体高は聞いていて知っていましたが、体長は頭も含むと思ってました、ですからナナを最初に測った時の体長は間違ってました。
記事は後ほど訂正します。

body0001.gif
体高はキ甲部の最高点より地上までの垂直距離
体長は肩端または胸骨端より坐骨端までの直線距離

キ甲
ウィザース(Withers)。肩甲骨上部と第1、第2胸椎が接合する部分の事。
犬の体高をこの位置から測定するため重要な部位である。(犬の学校 犬の専門用語辞典 キ甲より引用)
blogramランキング参加中!
ポチッとお願いします
blogram投票ボタン
posted by ナナ飼主 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 飼主雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このページの先頭へ